がん治療・免疫細胞治療について

TOP > がん治療・免疫細胞治療について

がん治療・免疫細胞治療について

患者さん自身の細胞を培養・増殖して用いる免疫細胞治療は、一人ひとりのご病気に合わせたオーダーメード治療です。

がん細胞に対する免疫応答(=がん細胞への攻撃)は多種類の免疫細胞が各々の役割を担って行われます。

そのため、免疫細胞治療も多種類の細胞を選択・活用した複数の方法がとられるようになっています。がん患者さんの病状、経過は多種多様であり、また、がん細胞の性質も一人ひとり違っています。どの免疫細胞を使った治療法が最適かは、個々の患者さんで異なってきます。

当クリニックは、がん治療専門の瀬田クリニックグループと医療連携し、患者さんの病状とともに患者さん自身のがん細胞の性質を見極め、さらには患者さんご自身のお考えもうかがった上で「いかに患者さん一人ひとりに適した治療技術を提供するか」に注力し、真に患者さんの利益になるがん治療を提供するよう努めています。

免疫細胞治療は、“究極の”オーダーメード治療

免疫細胞治療では「他の誰のものでもない、患者さんご自身の細胞」を培養し治療に用います。大量生産されたものを不特定多数の患者さんに使用する医薬品とは異なり、使用する点滴剤は患者さん一人ひとり個別に作り、治療に用いるのですからまさに、“オーダーメード治療”といえるでしょう。

この免疫細胞治療はいまや、1つではなく様々なものが存在します。血液中には免疫に関わるさまざまな細胞が含まれており、それぞれが異なった働きや役割を担ってがん細胞を攻撃します。それらの細胞を選択的に培養し治療に用いることが可能となっているのです。どの細胞が有効かはがん細胞の性質や患者さんの病状によって決まってきます。

したがって、免疫細胞治療は、患者さんの個性にあわせ、個々の患者さんに適した細胞を選択し、オーダーメードで行われるべきです。その実現のためには、免疫細胞の選択的培養方法の確立や、がん細胞の個性を詳細に調べる先端的な手法が要求されます。そうした工夫と技術の組み合わせによって、はじめて“究極のオーダーメード治療”が可能になるのです。

多種多様な治療法を活用し、患者さん一人ひとりに「最適な治療法」を

がん細胞の性質を見極める上で大切な技術を1つ紹介します。
当クリニックは、がん治療専門の瀬田クリニックグループと医療連携し、がん細胞の組織検査である「免疫組織化学染色検査」を行っています。患者さんのがん細胞を事前に検査し、その特性に合わせた最適な治療法を選択するための検査です。

詳しくはこちら

診療時間

 
午前
9:00~12:00
×
午後
2:00~6:00
× ×

※祝日は休診となります。

診療時間

東西クリニック仙台モバイルサイトケータイでバーコードを読み取りアクセス下さい。