がん治療・免疫細胞治療について

TOP > がん治療・免疫細胞治療について > 免疫細胞治療について > 進行がんでもあきらめない

進行がんでもあきらめない

進行がんの方に対して、高いQOLを保ちながら行える全身療法

当クリニックが、がん治療専門の瀬田クリニックグループと医療連係し免疫細胞治療を行っている背景の一つに、主に早期がんに対して効力を発揮している三大療法(手術、放射線療法、抗がん剤)が、進行がんに対しては必ずしも有効ではない点が挙げられます。

手術はメスによって患部を切除する方法であり、早期がんには非常に有効な治療法ということができます。しかし、血液やリンパ液の流れに乗って離れた組織や臓器に移動する“転移がん”になると、体のあちこちに散らばっている可能性のあるがん細胞の全てを手術で切除する必要があり、ほとんど不可能です。

放射線療法は周囲に多少、広がったがんに対しても行うことが可能となります。頭頚部がんや子宮頚がんなどには手術に近い治療効果をあげていますが、この治療法も局所療法のため、やはり転移したがんには無力です。

したがって、転移がんに対しては、三大療法の中では抗がん剤を主体として治療を行うことになります。抗がん剤で用いられる抗がん剤は、絨毛癌や骨髄性白血病・悪性リンパ腫・睾丸腫瘍などに高い治療成績をあげています。ただ、抗がん剤のもつ毒性が、がん細胞のみに作用すればいいのですが、残念ながらその作用は正常細胞にも及びます。とくにがんと同じように細胞分裂が活発な白血球や毛根細胞・消化管上皮などに集中的に働くため、患者さんは、ときとして免疫力の低下、脱毛、吐き気や食欲不振が生じ、極端な体力の低下などの副作用に苦しむことがあります。強い副作用の発現などにより抗がん剤が適用不可となってしまうと、三大療法の範疇で考える限りではもはや治療法がなくなってしまいます。

このような進行がんの方々に対して、副作用がほとんどなく、高いQOLを保ちつつ行うことが出来る全身療法が待望されています。免疫細胞治療は、この期待にこたえることができる有力な治療法であると考えています。

三大療法との積極的な併用で相乗効果を

ただし、一方で、がん治療は「総力戦」で闘うべきものでもあります。上述のとおり、三大療法の限界を補う治療法として免疫細胞治療が存在するのは事実ですが、患者さんそれぞれの症状やお考えに応じて、三大療法を積極的に併用することも非常に重要です。

症状に応じあらゆる治療法を組み合わせてがんと闘う考え方をがんの「集学的治療」といい、現在のがん治療の主流になっている考え方でもあります。抗がん剤などは免疫機能を損なうため併用は望ましくないと考えられる患者さん、医師もいらっしゃいますが、併用の方法によっては有効な場合も少なくありません。

当クリニックでは、併用に関しては患者さんやご家族のご希望をじっくりと伺い、豊富な治療経験を基に最良の方法を提案していきます。実際に、進行がんの方を含む、これまで医療連係を行っているがん治療専門の瀬田クリニックグループや当クリニックで治療を受けられた患者さんのうち、大勢の方が、抗がん剤や放射線療法などを併用されています。特にガンマ・デルタT細胞療法に関しては、ハーセプチンなどの抗体医薬と言われる抗がん剤との併用で治療効果の向上が期待されます。免疫細胞療法と抗がん剤を併用することで、抗がん剤の量を通常より抑えられる場合もあります。

また、手術との併用に関してですが、免疫細胞治療は理論上、手術後の再発予防を目的として行った場合に最もその力を発揮できる治療法であり、実際、その目的で来院される患者さんも増えています。

手術後の再発予防効果については、詳しくはこちらでご説明します。

診療時間

 
午前
9:00~12:00
×
午後
2:00~6:00
× ×

※祝日は休診となります。

診療時間

東西クリニック仙台モバイルサイトケータイでバーコードを読み取りアクセス下さい。