がん治療・免疫細胞治療について

TOP > がん治療・免疫細胞治療について > 免疫細胞治療について > 自己がん組織バンクについて

自己がん組織バンクについて

現在、世界中でがん研究が行われており、遺伝子レベル、分子レベルでの解明も続けられています。それら研究開発による医療技術も日々進歩しており、近い将来、更に新しい効果的な診断法・治療法が開発されることが期待されます。また、がん患者さん個人個人に最適な治療法を選択するオーダーメイド(個別化)医療が重視されてきています。オーダーメイド医療では、がんの情報源ともいうべき患者さん自身のがん組織が重要な役割を果たします。手術により摘出されたがん組織を厳重に保管しておくことが、その後の再発・転移に対する予防や治療を受けるためには必須となってきました。
医療連係を行っているがん治療専門の瀬田クリニックグループへ免疫細胞療法総合支援サービスを提供している株式会社メディネットでは、患者さん自身のがん組織を将来の治療に役立てるために保管し、患者さんの必要時に返還する、「自己がん組織バンク」サービスを、保管料を無料として提供しています。

自己がん組織バンクの詳細はこちら

診療時間

 
午前
9:00~12:00
×
午後
2:00~6:00
× ×

※祝日は休診となります。

診療時間

東西クリニック仙台モバイルサイトケータイでバーコードを読み取りアクセス下さい。